ガーデニング>土を再利用する為の基本的な方法

◆土を再利用する為の基本的な方法

一定期間花等を育て、使った土は
そのまま続けて使用すると植物が病害虫にやられやすくなるし
水はけや通気性も悪くなる、腐葉土に含まれている有機物等もなくなって
毎年、新しい土を使うことが理想です。

でも、一度使った土を捨てるのはもったいないし
土が多いと、捨てる場所にも困ったりするしで、
私は再生して使っています。

多分、一番多く使われている方法だと思います。
まず、大きなシートなどに土を広げて、底に入っている石ころなどを
取り除き、古い根っこなど土以外のものは取れるものは取っておきます。
その土を天日で乾燥させます。カラカラにする必要はありません。
次にあまり細かくない目の「ふるい」でふるって、残った土だけを
使います。落ちた土は、使いません。
次に黒いビニール袋を用意してください。
先ほど「ふるい」にかけた土を軽く湿らせてビニールの口をきつく縛り、
コンクリートか夏の直射日光の充分に当たるところに
平たく置いてさらします。

ときどき袋をかえして夏なら約10日ぐらい当てます。
冬なら2〜3週間が目安ですね。
最後にもう一度天日のしたで広げて乾燥させましょう。
植える時は、腐葉土やバーミキュライト等を必要に応じて混ぜ使用します。

ガーデニング

トップページ
お花や野菜を育てる為の土の作り方のポイント
ガーデニングの土を自分で作る方法
気長にお庭で腐葉土を作ってみませんか?
使った土を再生させる方法知ってる?
土を再利用する為の基本的な方法
手抜きで育てても大丈夫な、育てやすい花はオススメです
難しく考える必要はないのです。とにかく植えてみる
苗を買いに行った時に注意するポイント
ガーデニングで使う道具のあれこれ@
ガーデニングで使う道具のあれこれA
鉢の種類と選び方のポイント
もしかして害虫?病気?対策の方法は?
よくある害虫・病気の対策の例<アブラムシ>
よくある害虫・病気の対策の例<ナメクジ>
よくある害虫・病気の対策の例<毛虫・青虫など>
よくある害虫・病気の対策の例<病気>
水やりのこと−水やりって意味があるんです
水やりの方法。季節によって違うんです。
水やりの方法。水をやる場所でも違いがあります
ガーデニングを楽しむ−苗を植える方法
ガーデニングを楽しむ−ベランダで楽しむ場合の注意点
ガーデニングを楽しむ−ベランダでの飾り方
ガーデニングを楽しむ−室内で飾りましょう
土に変わる素材のあれこれ@
土に変わる素材のあれこれA
土を使わないエアープランツ
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(準備)
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(手順
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(準備
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(手順
日陰のガーデニング−陽が当たらなくても出来る事
趣味と実用を兼ねて−キッチンガーデンを楽しみましょう
来年も咲きますか?−一年草・多年草
サボテン・多肉種を寄せ植えして 楽ちんガーデニング
春〜夏の花のガーデニング
秋〜冬の花のガーデニング
冬から春に向けて準備するガーデニング
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方@
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方A
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方B
観葉植物は、清潔にしてあげるのがポイント
一粒で3度美味しい??ハーブの魅力
ハーブの楽しみ方−育てたハーブを利用しましょう
ガーデニングを初めて挑戦するなら春から

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system