ガーデニング>水やりの方法。季節によって違うんです。

◆水やりの方法。季節によって違うんです。

水やりの方法は、基本は朝のうちに済ませる事ですが、
季節によって多少変わります。

夏の気温の高い時期は、鉢植えの場合、朝気温が上がる前にやり
夕方に土が渇いていればもう一度水やりをします。
昼間の高気温の時に水をやると、根が煮えるような状態になります。
が、昼間に早くも水切れで、ぐったりした状態であれば、
涼しい陰に移してバケツなどの鉢より大きな器に水を張って、
鉢ごと浸けて冷やすといいです。すばらくするとしゃきっと
元に戻ります。
気温の低い冬の場合は、水やりは回数を控えます。
朝〜午前中に、土が渇いていたらやります。夕方にやるのは
控えて下さい。どうしても土がカラカラであれば、湿る程度に
少なくしてください。

観葉植物などは、渇いていても数日は大丈夫です。
寒い時期に夕方以降に水やりをして土に水分が多いと、冷え過ぎたり
酷い場合は、凍ってしまって植物がダメになりますので注意してください。

ガーデニング

トップページ
お花や野菜を育てる為の土の作り方のポイント
ガーデニングの土を自分で作る方法
気長にお庭で腐葉土を作ってみませんか?
使った土を再生させる方法知ってる?
土を再利用する為の基本的な方法
手抜きで育てても大丈夫な、育てやすい花はオススメです
難しく考える必要はないのです。とにかく植えてみる
苗を買いに行った時に注意するポイント
ガーデニングで使う道具のあれこれ@
ガーデニングで使う道具のあれこれA
鉢の種類と選び方のポイント
もしかして害虫?病気?対策の方法は?
よくある害虫・病気の対策の例<アブラムシ>
よくある害虫・病気の対策の例<ナメクジ>
よくある害虫・病気の対策の例<毛虫・青虫など>
よくある害虫・病気の対策の例<病気>
水やりのこと−水やりって意味があるんです
水やりの方法。季節によって違うんです。
水やりの方法。水をやる場所でも違いがあります
ガーデニングを楽しむ−苗を植える方法
ガーデニングを楽しむ−ベランダで楽しむ場合の注意点
ガーデニングを楽しむ−ベランダでの飾り方
ガーデニングを楽しむ−室内で飾りましょう
土に変わる素材のあれこれ@
土に変わる素材のあれこれA
土を使わないエアープランツ
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(準備)
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(手順
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(準備
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(手順
日陰のガーデニング−陽が当たらなくても出来る事
趣味と実用を兼ねて−キッチンガーデンを楽しみましょう
来年も咲きますか?−一年草・多年草
サボテン・多肉種を寄せ植えして 楽ちんガーデニング
春〜夏の花のガーデニング
秋〜冬の花のガーデニング
冬から春に向けて準備するガーデニング
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方@
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方A
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方B
観葉植物は、清潔にしてあげるのがポイント
一粒で3度美味しい??ハーブの魅力
ハーブの楽しみ方−育てたハーブを利用しましょう
ガーデニングを初めて挑戦するなら春から

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system