ガーデニング>水やりの方法。水をやる場所でも違いがあります

◆水やりの方法。水をやる場所でも違いがあります

鉢やプランターに植えてあるのと、直接地面に植えてあるのでは
多少水やりの方法も違いがあります。

鉢やプランターの場合は、土が乾いたら、
鉢底から水が流れ出るくらいにたっぷりとやる、が基本です
出来るだけ花に水がかからないようにするのがいいです。
花によっては、水がかかると良くないものもあります。

ジョウロやホースなどで勢い良くやるのではなく
口の細い水差しのようなものやホースでも勢いを弱くして
株元を中心にたっぷりやってください。
ジョウロで勢いよく水をザバザバかけていると
土が固く固まりやすくなります。

観葉植物などは夏でも渇き気味で大丈夫です。1ヶ月に2回くらい
葉っぱの埃やゴミを洗い流すように水やりをします。

庭など直接地面に植えている場合は、
鉢植えほど水やりの必要はありません。
土の状態を見て、渇いていたらホースなどでたっぷりとやってください。
植えてある場所だけでなく、周り一帯に水やりするといいです。
ヒビが入っていたり、土がボサボサな状態でしたら明らかに水不足です。
気をつけてください。

ガーデニング

トップページ
お花や野菜を育てる為の土の作り方のポイント
ガーデニングの土を自分で作る方法
気長にお庭で腐葉土を作ってみませんか?
使った土を再生させる方法知ってる?
土を再利用する為の基本的な方法
手抜きで育てても大丈夫な、育てやすい花はオススメです
難しく考える必要はないのです。とにかく植えてみる
苗を買いに行った時に注意するポイント
ガーデニングで使う道具のあれこれ@
ガーデニングで使う道具のあれこれA
鉢の種類と選び方のポイント
もしかして害虫?病気?対策の方法は?
よくある害虫・病気の対策の例<アブラムシ>
よくある害虫・病気の対策の例<ナメクジ>
よくある害虫・病気の対策の例<毛虫・青虫など>
よくある害虫・病気の対策の例<病気>
水やりのこと−水やりって意味があるんです
水やりの方法。季節によって違うんです。
水やりの方法。水をやる場所でも違いがあります
ガーデニングを楽しむ−苗を植える方法
ガーデニングを楽しむ−ベランダで楽しむ場合の注意点
ガーデニングを楽しむ−ベランダでの飾り方
ガーデニングを楽しむ−室内で飾りましょう
土に変わる素材のあれこれ@
土に変わる素材のあれこれA
土を使わないエアープランツ
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(準備)
移動出来る小さなお庭−寄せ植えに挑戦しましょう(手順
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(準備
空中に飾る花−ハンギングバスケットで素敵な壁に(手順
日陰のガーデニング−陽が当たらなくても出来る事
趣味と実用を兼ねて−キッチンガーデンを楽しみましょう
来年も咲きますか?−一年草・多年草
サボテン・多肉種を寄せ植えして 楽ちんガーデニング
春〜夏の花のガーデニング
秋〜冬の花のガーデニング
冬から春に向けて準備するガーデニング
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方@
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方A
室内でグリーンの癒し−観葉植物の育て方B
観葉植物は、清潔にしてあげるのがポイント
一粒で3度美味しい??ハーブの魅力
ハーブの楽しみ方−育てたハーブを利用しましょう
ガーデニングを初めて挑戦するなら春から

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system